金賞受賞の優良農園から厳選した上質な胡蝶蘭を全国に直送しています。もしものときに安心の 100%交換保証 対応いたします。

胡蝶蘭を長く楽しむための管理と植え替え方法

胡蝶蘭は開店祝いや開業祝いなどお店や会社のお祝い事に贈られることが多いので、見る機会はあっても手入れする・育てるなどの機会は少ないかも知れません。

またそのような場所で見る胡蝶蘭は豪華なラッピングをされていることがほとんどなので広い場所や立派な内装じゃないと似合わないと思われるかもしれません。

ですが実は胡蝶蘭は洋風・和風を問わず、どんなデザインの住宅にもマッチします。

・花が長持ち
・手入れが簡単
・どんなお宅にも似合う
・さらに植え替えれば何十年も咲き続ける

そんなおすすめ理由がたくさんある胡蝶蘭を長く楽しむための管理のコツと植え替えの方法について解説します。

胡蝶蘭は縁起の良いお花

そもそもなぜ胡蝶蘭は御祝いの定番となっているのでしょうか?

「見た目が豪華だから」
「長持ちするから」
「花粉や匂いがないから」

などの理由も確かにあるのですが、一番の理由は「花言葉」にあります。

胡蝶蘭の花言葉は「幸福が飛んで来る」です。

そんな非常に縁起の良いお花をご自宅に飾って幸福を引き寄せましょう。

(胡蝶蘭がお祝いに最適な理由はこちらで詳しく解説しています。)
なぜ胡蝶蘭が定番なの? 胡蝶蘭がお祝いの贈り物に喜ばれる理由

胡蝶蘭の寿命は?

・鑑賞期間は1ヶ月半〜3ヶ月ほど
・寿命は50年以上

胡蝶蘭は1本の茎から交互に枝分かれし8〜15輪ほどの花が付きます。
根に近い方から順番に開花し、根に近い方から順番に花が終わってしおれていきます。

最後は先端のみに1〜2輪お花が残っている状態になりますが、鑑賞に適した状態が1ヶ月半〜3ヶ月ほどと言われています。 花が終わった胡蝶蘭は適切な管理をする事で何度でも華を咲かせます。根腐れや病気にならなければ寿命は50年以上もあります。

胡蝶蘭の管理のポイント

胡蝶蘭は豪華な印象と違い、丈夫でたくましいお花です。
気をつけるべきポイントさえ押さえれば管理はとても簡単です。

ポイント
・直射日光は避ける
・風を直接当てない
・水は根が完全に乾いてからたっぷり与える
・鉢(根)は蒸れ厳禁
・高温(30℃以上)と低温(5度以下)は注意

上記が胡蝶蘭を元気に保つ秘訣です。

胡蝶蘭がダメになってしまう原因のほとんどが

・水のあげすぎ
・寒さが原因

ですので、特に注意しましょう。

胡蝶蘭の植え替え

胡蝶蘭を何年も楽しみたいなら植え替えは必須です。
花が咲き終わったら植え替えをします。
植え替えのポイントと手順を解説します。

 

胡蝶蘭の植え替えに必要なもの

胡蝶蘭を植え替える場合は以下のものを用意して下さい。

・水コケまたはバーク
・鉢
 (水コケの場合は素焼き鉢、バークの場合はポリポットが適する)
 (4〜5号程度の小さめのもの)
 (1本につき1鉢必要)
・園芸用ハサミ
・液体肥料

雑菌が繁殖して胡蝶蘭が病気になるのを防ぐため、ハサミや手は清潔に、鉢は新しいものを用意して下さい。

胡蝶蘭の植え替えに適した時期は?

お知らせ

Yahoo!shopping

支払い

LINEでお問合せ

8つのポイント