金賞受賞の優良農園から厳選した上質な胡蝶蘭を全国に直送しています。もしものときに安心の 100%交換保証 対応いたします。

胡蝶蘭の上手な育て方|季節ごとのポイントを押さえて長くお花を楽しむコツ

胡蝶蘭の基本的な管理のし方

胡蝶蘭を元気に美しく保つには胡蝶蘭にとって最適な環境を知ることです。
胡蝶蘭の主な原産地は台湾・フィリピン・インドネシアなど東南アジアの熱帯地域です。木漏れ日程度の明るさで風通しが良く湿度の高い環境が胡蝶蘭にとっての理想です。

まったく同じ環境を作ることは難しいですが胡蝶蘭の好む環境を理解し、適切に調整することで元気な状態を保つことができます。

胡蝶蘭に適した置き場所

・直射日光の当たらない明るい場所が最適です。
(レースカーテン越しくらいの明るさ)
(昼間に照明をつけずに新聞が読める程度の明るさ)
(ラッピングはすぐはずす)

胡蝶蘭に適した温度

・最適な温度は15℃〜20℃程度です
(胡蝶蘭が健康に育成する気温は10℃〜25℃)
(最低気温が5℃以下になる場所や最高気温が30℃以上になる場所は避けて下さい)

水やり

・根が乾ききってから十分な量を与える
(根は風通しの良い状態を保つ)
(受け皿に水をためない)

上記が胡蝶蘭を健康に育てるための環境です。
次に季節ごとの管理のポイントを詳しく解説していきます。
 

胡蝶蘭の上手な育て方【春の管理方法】


 
置き場所 レースカーテン越しの明るい場所
水やり 10日に1度、各株の根元にコップ1杯(約150cc)ほどのお水を与えます
肥料 肥料は必要ありません
注意する点 春は胡蝶蘭にとって適した状態です。特に注意する点はありません
 

胡蝶蘭の上手な育て方【梅雨の管理方法】


 
置き場所 レースカーテン越しの明るい場所
水やり 10日に1度、各株の根元にコップ1杯(約150cc)ほどのお水を与えます
肥料 花が咲いている時 1ヶ月に1度、希釈した液体肥料をお水の代わりに与えます
花が終わっている時 肥料は必要ありません
注意する点 胡蝶蘭は湿度を好みますが蒸れは病気の原因になります。風通しの良い場所に置く、受け皿に水をためない等に注意して下さい

胡蝶蘭の上手な育て方【夏の管理方法】


 
置き場所 レースカーテン越しの明るい場所 または 半日陰
水やり 10日に1度、各株の根元にコップ1杯(約150cc)ほどのお水を与えます
肥料 花が咲いている時 1ヶ月に1度、希釈した液体肥料をお水の代わりに与えます
花が終わっている時 肥料は必要ありません
注意する点 真夏の直射日光は避けて下さい。また、エアコンの風が直接当たる場所も避けて下さい。30℃を超えると胡蝶蘭の育成がとまり水の吸い上げが減ります。この状態で水を与えすぎると根腐れの原因になりますので根が完全に乾いてから水やりして下さい。
 

胡蝶蘭の上手な育て方【秋の管理方法】


 
置き場所 レースカーテン越しの明るい場所
水やり 10日に1度、各株の根元にコップ1杯(約150cc)ほどのお水を与えます
肥料 花が咲いている時 1ヶ月に1度、希釈した液体肥料をお水の代わりに与えます
花が終わっている時 肥料は必要ありません
注意する点 秋は胡蝶蘭にとって適した環境ですが、昼夜で気温の差が大きくなることもありますので冷え込みに注意しましょう。空気が乾燥してくるので水切れにも注意して下さい
 

胡蝶蘭の上手な育て方【冬の管理方法】


 
置き場所 昼間 レースカーテン越しの明るい場所
夜間 5℃以下になる場合は移動または保護して下さい
水やり 10日に1度、各株の根元にコップ1杯(約150cc)ほどのお水を与えます
肥料 肥料は必要ありません
注意する点 寒さは胡蝶蘭にとって大敵です。夜間の冷え込みに十分ご注意ください。 玄関や窓際は冷気の影響を受けるので部屋の中央に移動するかダンボールや新聞紙等で保温するなど保護して下さい。 休眠期(育成がほとんど止まっている状態)ですので水の吸い上げがほとんどありません。水やりは根が完全に乾いていることを確認してから与えて下さい。
 

冬越しのポイント

胡蝶蘭を育てる上で一番の難所が冬です。
冬越しのポイントを押さえて上手に育てましょう!

気温の低下に注意する

胡蝶蘭は寒さに弱いので10℃以上を保つことが理想ではありますが日本の気候ではなかなか難しいと思います。 経験上5℃以上あれば元気に咲いているのであまり神経質になる必要はないかと思います。 5℃以下になる時期や地域の場合は夜間の冷え込み対策が重要です。

冬の冷え込み対策例

・ダンボール、プチプチ、新聞紙、毛布等で保温する
・ダンボール+カイロで保温する
・玄関や窓際など冷機の影響が大きい場所に置かない

水やりは根が乾燥しているのを確認してから

10℃以下になると胡蝶蘭は育成をストップさせます(休眠期)。
休眠期は根から水の吸い上げがほとんどなくなりますので水やりは根が完全に乾いていることを確認してから与えて下さい。 根が常に濡れた状態だと根腐れの原因になります。

胡蝶蘭は丈夫なお花なので比較的管理が楽な育てやすいお花です。
お花にとってすごしやすい環境を作ってあげることできれいに咲いた状態が長く楽しめますのでポイントを押さえて上手に管理しましょう。

また、胡蝶蘭を長く楽しむためには健康で新鮮な胡蝶蘭を買うのも大事なポイントです。 当店では全国洋蘭品評会で金賞を受賞した優良な胡蝶蘭農園が大切に育てた新鮮で健康な胡蝶蘭を農園から直送しています。
出荷の直前まで最適に管理された胡蝶蘭を丁寧に保護・梱包をし全国にお届けしています。 さまざまなサイズをご用意していますので、お祝いはもちろんご自宅用にもおススメです。
仕立ての良さ、花もちの良さは品質に表れます。

胡蝶蘭をご購入の際はぜひ当店をご利用ください

お知らせ

Yahoo!shopping

支払い

LINEでお問合せ

8つのポイント